当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

マイクロソフト、日本のAIインフラ拡充を発表。データセンターなどに4400億円を投資へ

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間4月9日、米Microsoftは日本の大規模クラウドコンピューティングおよびAIインフラの拡充のため、今後2年間で29億ドル (約4,400億円) を投資すると発表した。日本の岸田文雄首相の訪米に合わせての発表となり、Microsoftの日本への投資額としては過去最大額。

また、AIスキル向上プログラムを拡大させ、今後3年間で300万人以上にAIスキルを提供することを目標に、日本初のマイクロソフトリサーチアジア研究所を開設。日本政府とサイバーセキュリティの協力の強化を図る計画だという。

関連リンク
Microsoft to invest US$2.9 billion in AI and cloud infrastructure in Japan while boosting the nation’s skills, research and cybersecurity – Microsoft Stories Asia

Microsoft、日本の大規模クラウドコンピューティングおよびAIインフラ拡充のために29億ドルを投資へ

29億ドルにおよぶAIおよびクラウドインフラストラクチャの拡充については、AIワークロードの高速化に不可欠な最新GPUを含む、高度なコンピューティングリソースを提供する計画。

これは、スタートアップや既存企業が日本でジェネレーティブAI (生成AI) の基盤モデルを開発することを支援する経済産業省主導のプログラム 「GENIAC」 の一環として、これまでのマイクロソフトの支援を強化するかたち。上記投資により、Microsoftの日本市場におけるAIおよびクラウドインフラストラクチャの財政的コミットメントは実質的に倍増するかたちだ。

また、AIスキルの向上プログラムについては、日本全国で300万人のフルタイムおよびパートタイムの労働者を3年以内にトレーニングし、AIテクノロジーの構築や活用するために必要なスキルを提供する。開発者だけでなく、女性や学生を対象に含み、組織や社会全体を支援するプログラムを通じて提供される。

また、Microsoftは、AIを活用した仕事に従事する女性のクリエイターやハイテク起業家向けの専門トレーニング提供プログラム 「Code; Without Barriers」 を日本に拡大。国連訓練調査研究所 (UNITAR) との協力によって、AI/サイバーセキュリティ/デジタルスキルに関する無料コンテンツの提供も行う。

さらに、AI開発者・技術企業向けに、AIコーディングアシスタントであるGitHub Copilotを補完するAI開発者およびテクノロジー企業向けのコースやリファレンスアーキテクチャを提供するとしている。

(画像:Microsoft)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。