当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』Nintendo Switch/PCで2025年初頭に発売。「ダンガンロンパ」 制作スタッフが挑む “極限” と “絶望” の100日戦争を描くADV

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

任天堂は6月18日、Nintendo Switch向けの新作タイトル発表番組 「Nintendo Direct 2024.6.18」 を配信。同配信のなかで『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』が2025年初頭に発売予定であることを発表した。

『HUNDRED LINE -最終防衛学園-』は、「ダンガンロンパ」 シリーズや 「超探偵事件簿レインコード」 など手がけた小高和剛氏、「極限脱出」 シリーズ、「Ever17」 「AIソムニウムファイル」 シリーズなどを手がけた打越鋼太郎氏がディレクションとシナリオを担当するなど、「ダンガンロンパ」 シリーズを中心とした著名作品に携わったスタッフたちによる、 “極限” と “絶望” の100日戦争を描くアドベンチャー作品だ。

「東京団地」 で暮らす主人公 澄野拓海は、家族や幼なじみのカルアと共に変わり映えのない平凡な日常を送っていた。しかし、その日常は突如終わりを告げる。

町が燃え盛り、化け物が襲い来る中、司令官を自称する謎のマスコット 「SIREI」 から、特殊な力を発動させる「我駆力刀 (がくりょくとう)」を渡され、カルアを守るため拓海は言われるがままに我駆力刀を心臓に突き立てる。

目を覚ますとそこは、「消えない炎」 に包まれた 「最終防衛学園」 。集められた15人の学生たちは、SIREIから 「特別防衛隊」 に任命され、襲い来る正体不明の敵 「侵校生 (しんこうせい)」 から学園を100日間守り抜くことに。失った日常を取り戻すため、絶望に染められた100日間の学園生活が幕を開ける――。

対応プラットフォームは、Nintendo Switch、PC (Steam)。企画はトゥーキョーゲームス、開発はメディア・ビジョン。

(画像:Nintendo)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Nintendo Switch、Wii U、ニンテンドー3DS、Wii、ニンテンドーDS、ニンテンドーゲームキューブ、ゲームボーイアドバンス、GAMEBOY、ゲームボーイは、任天堂株式会社の商標です。

©Valve Corporation. Steam および Steam ロゴは、米国およびまたはその他の国のValve Corporation の商標およびまたは登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。