当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ソニー、新型スマホ 「Xperia 10 VI」 発表。価格・発売日・スペックなど詳細まとめ

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

5月15日、ソニーは新型スマートフォン 「Xperia 10 VI」 を発表した。国内では、一部キャリアから本年7月上旬以降に販売するほか、SIMフリーモデルも発売を予定している。SIMフリーモデルの市場推定価格は70,000円前後(税込)。

2日間使える大容量バッテリー搭載の 「Xperia 10 VI」 発表

「Xperia 10 VI」 は、昨年5月に発表した 「Xperia 10 V」 の後継機種として投入する、ミッドレンジスマートフォン。2日間使える大容量バッテリーを搭載しながらも、片手でも操作できる軽量ボディを特長とする。

ディスプレイは、約6.1インチの有機ELディスプレイ。解像度はフルHD+でリフレッシュレートは60Hzとなっている。保護パネルは、高い耐落下性と耐擦傷性に優れるCorning社のGorilla Glass Victusを採用した。

本体サイズは、約68mm×約155mm×約8.3mm、重量は164g。ボディは、乳白色の半透過樹脂材を採用し、本体カラーが柔らかく透けて、より軽やかに見えるデザインにしている。

内蔵するプロセッサは、Qualcommの 「Snapdragon 6 Gen 1 Mobile Platform」。ミッドレンジモデルに最適なSoCで、パフォーマンスとバッテリー駆動の最適化によって消費電力を抑え、動画再生時の連続駆動時間は従来から約10%向上しているとのことだ。

RAM容量は6GB、ストレージ容量は128GBを用意。また、外部ストレージとして最大1.5TBのmicroSDXCを利用できる。

背面のメインカメラは、超広角 (16mm)・広角 (26mm/52mm) のデュアル構成。有効画素数は広角カメラが約4800万画素、超広角カメラが約800万画素。

広角カメラは光学2倍相当のズームにも対応し、画質劣化のない綺麗なズーム撮影が可能だ。

インカメラは800万画素のシングル構成。カメラに手のひらを向けると、約2秒後に自動でシャッターを切ることができ、両手が塞がらない自然な写真が撮影可能だ。

オーディオ面も進化している。内蔵するフロントステレオスピーカーは、従来機種からダイナミックレンジが広がったおかげでより自然な音量バランスで音楽を楽しむことが可能だ。また、3.5mmイヤホンジャックを搭載するため有線イヤホンも接続できる。

内蔵するバッテリーの容量は5,000mAh。充電は、有線充電のみ対応しワイヤレス充電は非対応。

生体認証は指紋認証を採用。通信は4G LTEおよび5G (Sub6) をサポート。Wi-FiはWi-Fi 6をサポートし、Bluetoothはv5.2が利用できる。

コーデックはハイレゾ音質の伝送が可能なLDACに対応するほか、本体には3.5mmイヤホンジャックを搭載するため、有線・ 無線ともにヘッドホンでハイレゾの高音質が楽しめる。

また、ソニー独自のAI技術を用いたDSEE Ultimateにより、ストリーミングサービスなどの音源をハイレゾ相当の高音質で再現可能だ。

防水・防塵性能は、IP65/68に準拠。カラーラインナップは、ブルー/ホワイト/ブラックの3色展開。最大2回のOSバージョンアップと、4年間のセキュリティアップデートをサポートする。

通信事業者ではドコモとau/UQモバイル、ソフトバンクが販売するほか、SIMフリーモデルがソニーストアや一部の家電量販店等で展開される。

価格はオープン。SIMフリーモデルの市場想定価格は、70,000円前後を予定している。

(画像:ソニー)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

ソニーやSonyおよび、これらの商品名、サービス名およびロゴマークは、ソニーまたはその関連会社の登録商標または商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。