当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「Kindle Paperwhite」 「Kindle Scribe」 などKindleデバイスが最大24%オフ。キッズモデルも対象 (プライム感謝祭)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

本日10月14日から開催されている 「プライム感謝祭」 にて、Amazonの電子書籍リーダー 「Kindle」 シリーズが特価販売中だ。

セール対象になっているのは、「Kindle Paperwhite」 「Kindle Paperwhite シグニチャーエディション」 「Kindle Oasis」 「Kindle Scribe」 「Kindle キッズモデル」 「Kindle Paperwhite キッズモデル」 。

注目は、Kindleシリーズで唯一の手書き入力に対応している 「Kindle Scribe」 が過去最安値タイになっていること。同デバイスの詳細については当サイトでレビュー記事を掲出しているため、ぜひそちらをご覧いただきたい。

Kindle Paperwhite
8GB/広告あり:16,980円 → 12,980円 (24%オフ)
8GB/広告なし:18,980円 → 14,980円 (21%オフ)
16GB/広告あり:17,980円 → 13,980円 (22%オフ)
16GB/広告なし:19,980円 → 15,980円 (20%オフ)

Kindle Paperwhite シグニチャー エディション (32GB)
21,980円 → 17,980円 (18%オフ)

Kindle Oasis 色調調節ライト搭載
8GB/広告あり:29,980円 → 23,980円 (20%オフ)
8GB/広告なし:31,980円 → 25,980円 (19%オフ)
32GB/広告なし/Wi-Fi+無料4G:40,980円 → 33,980円 (17%オフ)

Kindle Scribe
16GB/スタンダードペン:47,980円 → 40,980円 (15%オフ)
16GB/プレミアムペン:51,980円 → 44,980円 (13%オフ)
32GB/プレミアムペン:54,980円 → 46,980円 (15%オフ)
64GB/プレミアムペン:59,980円 → 51,980円 (13%オフ)

Kindle キッズモデル
14,980円 → 11,980円 (20%オフ)

Kindle Paperwhiteキッズモデル
8GB:18,980円 → 14,980円 (21%オフ)
16GB:19,980円 → 15,980円 (20%オフ)

セールは10月15日(日)23時59分まで行われる (価格はいずれも税込) 。

ポイントアップキャンペーン開催中

今回の 「プライム感謝祭」 では、Amazonセールで恒例の 「ポイントアップキャンペーン」 が開催される。

セール期間中に合計1万円以上の買い物をすると、購入金額の最大12%分のAmazonポイントが還元される。還元ポイントの上限は1万ポイントとなっている。

対象商品は、Amazonで販売されるすべての商品(※)で、通常の還元率に加えてプライム会員なら+2%、Amazonショッピングアプリでの買い物で+0.5%上乗せされる。また、Amazon Mastercardで買い物した場合は、通常還元を含めて最大3%上乗せされる。

今回はさらに、大型家電 (冷蔵庫・洗濯機・エアコン) の購入時に6.5%が上乗せされ、最大12%のポイント還元を受けられる。

キャンペーンにはエントリーが必要なので、ポイント還元率をアップしたい方はエントリーを忘れずに。

※Kindle Unlimited、 Prime Video、Prime Music、Audibleなどの定額サービスの料金、Amazonギフトカード、Amazonコイン、Amazonプライム会員の月会費・年会費、すべての手数料および配送費、ラッピング費用、予約商品は対象外

(画像:Amazon)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

AmazonおよびKindle並びに関連するすべてのロゴは、Amazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

注:当記事に掲載されている価格など可変的情報については、記事掲出時のものであることに注意してください。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。