当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Windows 11、7-zip/rarなどのファイル圧縮フォーマットをネイティブサポート

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

現地時間5月23日、Microsoftは開発者向けイベント 「Microsoft Build 2023」 の中で、Windows 11の新機能として7-zipやrarなどのファイル圧縮フォーマットをネイティブサポートすると発表した。

Bringing the power of AI to Windows 11 – unlocking a new era of productivity for customers and developers with Windows Copilot and Dev Home – Windows Developer Blog

Windows 11で7-zipやrarなどがネイティブサポート

Microsoftによると、オープンソースプロジェクトであるlibarchiveを使用することで、Windows 11で7-zipやrar、gz、tarといったファイル圧縮フォーマットをネイティブサポートする。

これまで、7-zipやrarなどのファイル圧縮フォーマットはWindowsでサポートされておらず、圧縮・解凍をするにはサードパーティ製ソフトを使用する必要があった。Microsoftは、今回の対応により、Windowsでのアーカイブ機能のパフォーマンスを向上させることができるとしている。

本機能は、今週後半に配信されるInsider Preview ビルドで利用できるようになる予定だ。

(画像:Microsoft)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。