当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「watchOS 10/tvOS 17」 パブリックベータ版が配信開始。正式リリースは今秋

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間7月12日、Appleは 「watchOS 10」 のパブリックベータ版を配信開始した。

「watchOS 10 Public Beta」 は、今秋に正式リリース予定の次期watchOSのパブリックベータテスト版。すでに配信が開始されている 「watchOS 10 beta」 と同じ内容になっているとみられ、正式リリースに先駆けて新機能を試すことが可能だ。

これまでパブリックベータ版を利用するには、Apple Beta Software Programに各デバイスを登録する必要があったが、現在は 「Watch」 アプリから誰でもインストールすることが可能。具体的には、「一般」 > 「ソフトウェアアップデート」 > 「ベータアップデート」 > 「watchOS 10 Public Beta」 から選ぶことでインストールできるようになる。

ちなみに、「watchOS 10 Public Beta」 はApple Watch Series 4以降のApple Watchで利用できるが、利用するためには 「iOS 17」 をインストールしたiPhoneが必要になる。対応機種はこちらの記事から確認可能だ。

また、「watchOS 10 Public Beta」 と同時に 「tvOS 17 Public Beta」 の配信も始まっている。新機能は以下から確認可能だ。

関連記事
「watchOS 10」 新機能まとめ。アプリUIが刷新、新文字盤やNameDropが利用可能に
「watchOS 10」 対応機種まとめ。Apple Watch Series 4以降のデバイスをサポート
「tvOS 17」 新機能まとめ。FaceTimeが利用可能に、コントロールセンター刷新

▼ Apple公式サイトで「Apple Watch」をチェック
 ・Apple Watch Series 9
 ・Apple Watch Ultra 2
 ・Apple Watch SE
 ・Apple Watch Nike
 ・Apple Watch Hermès
▶︎ Apple公式サイトでApple Watchアクセサリをチェック
 ・ストラップ (バンド)
 ・ヘッドフォン・スピーカー

(画像:Apple)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。