当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Meta Quest、シャットダウン直前にアプリのアップデートが可能に。Meta Quest ProはWi-Fi 6Eをサポート

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

現地時間4月27日、Metaは同社VRヘッドセット 「Meta Quest」 向けにまもなく提供を開始するv53ソフトウェア・アップデートの詳細を発表した。

今回のアップデートでは、ヘッドセットのシャットダウン中にゲームやアプリのアップデートがダウンロードできるようになるなどの新機能が追加されたほか、Meta Quest ProでWi-Fi 6Eのサポートが追加されている。

各新機能の詳細は以下。

新たなペアレンタルコントロールツール


お子さんがMeta Questブラウザーで閲覧できる内容を保護者が管理するためのツール 「ウェブサイトカテゴリフィルター」 が新たに導入。

「アルコール」 「暴力」 などのカテゴリやコンテンツに基づいて、ウェブサイトをブロックできる。設定はMeta Questモバイルアプリの 「ペアレンタルコントロール」 タブから可能だ。

シャットダウン直前にゲームやアプリをダウンロード可能に

ヘッドセットをシャットダウンする際、もしくはヘッドセットを外して充電している間に、ゲームやアプリのアップデートを自動で完了できるようになった。

これにより、プレイしたいタイトルを選んでも 「アップデートが必要」 と表示されてすぐにプレイできない、といった事態を回避できるようになる。

ちなみに、シャットダウン前にアプリをアップデートしたくない場合には、電源を切る前の確認画面でチェックを外すことでアップデートしないでシャットダウンすることができる。

カメラの詳細設定が正式に 「カメラ」 パネルに移行

昨年9月のv44アップデートで追加された、手ぶれ補正、フレームレート、ビットレート、アスペクト比などの設定が 「試験中」 パネルから正式に 「カメラ」 パネルに移行した。

ビデオ録画の音声がステレオに

ビデオ録画時の音声がモノラルからステレオに変更。ヘッドセットの左から聞こえる音が、録画映像でも同じように左から聞こえるようになる。

Meta QuestブラウザーでTwitchを視聴可能に

Meta QuestブラウザーでTwitchにログインできるようになり、Twitchの配信を見たり、チャットが可能に。

Meta Quest ProにWi-Fi 6Eのサポートが追加

Meta Quest ProにWi-Fi 6Eのサポートが追加。自宅にWi-Fi 6E対応ルーターなどがある場合、Meta Quest Proを使って最大1.6Gbpsの高速ネットワークを利用できるようになった。

(画像提供:Meta)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。