当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

「Galaxy Z Flip6」 発表。S24と同じ5000万画素カメラと折り目のなくなった画面が魅力!SIMフリーモデルが7月31日に発売予定

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

7月10日、Samsungは新製品発表イベント 「Galaxy Unpacked July 2024」 を開催。同イベント内で、新型折りたたみスマートフォン 「Galaxy Z Flip6」 を発表した。

韓国、北米、EU、中国などが第1次販売国となり、7月24日に発売予定。そして今回は日本が第2次販売国に入り、インド、東南アジア、台湾などと共に7月31日に発売予定。国内SIMフリーモデルの予約受付は、7月17日からSamsungオンラインショップで開始予定だ。

SIMフリー版の国内販売価格は、256GBモデルが159,000円、512GBモデルが177,700円 (いずれも税込)。カラーラインアップは、ブルー/シルバーシャドウ/ミント/イエロー/クラフテッドブラック/ホワイト。このうちクラフテッドブラック/ホワイトについてはSamsungオンラインショップ限定カラーとして展開される。

▼ 「Galaxy Z Flip6」 を各ストアで購入する
Samsungオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

ついに折れ目が気にならなくなった 「Galaxy Z Flip 6」 。カメラも5000万画素化し、従来モデルの不満の多くが解消へ

「Galaxy Z Flip6」 は、Samsungが展開する 「Galaxy Z Flip」 シリーズの最新モデル。本体を縦に折り曲げることができる折りたたみスマートフォンだ。

先代モデルからの変化として、デザイン面における改良や内蔵SoCのパフォーマンス向上、さらにはAI機能の拡充などが挙げられる。また、最大の進化ポイントはリアカメラ性能の大幅向上で、これまでの1,200万画素から5,000万画素のカメラにアップグレードされている。

まずはデザイン面について。縦長のメインディスプレイに、閉じた時の台形にも似たフレックスウィンドウなど、先代モデルから大きく変わってはいないものの、端末側面のエッジ部分はフラットなストレートエッジに変更され、Galaxy S24のような角張ったデザインへと変化。また、アウトカメラのフレームに端末カラーがあしらわれることによって、カメラデザインはより特徴的なものへと変わっている。

そして、デザイン面における最大の変化は、端末内側のメイン画面の折り目がほとんど目立たなくなったこと。操作性や視認性が向上している。

上記の写真は、先代の 「Galaxy Z Flip5」 との比較。先代の時点でほとんど違和感のないレベルまで折り目が改善されていたものの、「Galaxy Z Flip6」 ではもはや折り目がないくらいになっており、フォルダブルではない一般的なスマートフォンと同等の操作感を実現できるようになった。

筐体サイズは、開いた状態で約71.9 x 165,1 x 6.9mm。折りたたんだ状態では約71.9 x 85.1 x 14.9mm。重量は約187g。

基本の本体カラーは、ブルー/シルバーシャドウ/ミント/イエローの4色。国内販売モデルでは、Samsungオンラインショップ限定カラーとしてクラフテッドブラック/ホワイトの2色も販売し、合計6色での展開となる。

画面には、6.7インチの有機ELディスプレイがメインディスプレイとして搭載。背面のフレックスウィンドウは先代モデルから引きつづき3.4インチで変わらないものの、ユニークな機能が追加されたり、使い勝手が大幅に向上している。

まずは本体の傾きや画面タッチで反応するインタラクティブ壁紙が利用可能に。傾きによって絵文字が動くなどの動きのある壁紙を楽しめる。そのほか、壁紙については、リアルタイムの天気が反映される壁紙や、スタイルやジャンルを指定するだけで生成AIがオリジナル壁紙を作ってくれる機能も搭載。

壁紙の設定時に 「おすすめのスタイル」 をタップすることで、AIが壁紙の画像を分析して、その画像にあったフレームや時計の位置を提案してくれる機能も登場。新しい壁紙の設定時に便利だ。

画面を開かずにフレックスウィンドウだけでメッセージに便利に返信できる新機能も追加。最新7個のメッセージをAIが分析して3つの最適な返信を提案してくれるため、ユーザーは好みの返信をタップするだけで片手だけで楽々返信が可能。LINEやGoogleメッセージなど一般的なメッセージアプリで利用可能だ。

フレックスウィンドウのウィジェットは、今まで以上に様々な情報にアクセスできるように。Samsung Health、SmartThings、リマインダー、天気、カレンダーなど、必要な情報を端末を開くことなくすぐに確認できる。複数のウィジェットを同じ画面に並べて表示することもできるようになった。

「Galaxy Z Flip6」 の注目ポイントのひとつがカメラ性能だ。アウトカメラの構成は広角+超広角のデュアルカメラと変わらないものの、画素数が大幅向上。広角カメラは5,000万画素と 「Galaxy S24」 と同等のクオリティの写真撮影ができるようになり、ナイトグラフィーやズーム性能も飛躍的に向上。ポートレートは格段に美しくなり、自然なボケを実現する。

本体を半分だけ折ってL字型にする 「フレックスモード」 を利用して、アウトカメラで自撮りする置き撮り時に便利なのが、新機能の 「オートズーム」 だ。AIがカメラの画角に入り込んだユーザーの上半身や全身を認識し、自動でズームイン・ズームアウトして自動でフレーミング。複数人でのグループ自撮り時にも、お友達が画角に入ると自動でフレーミングしてくれるため、手動で調整する必要なく、よりスムーズなグループ自撮りが可能だ。

そのほか、Instagramの撮影でナイトモードに対応するほか、ビデオカメラを持つように 「Galaxy Z Flip6」 を持つとUIが変化するなどの新機能も追加している。

「Galaxy Z Flip6」 は、最新のSoCを搭載することで、パフォーマンス全体が向上している。内蔵するSoCは最新世代の 「Snapdragon 8 Gen 3 Mobile Platform for Galaxy」 で、CPUおよびGPU、AI処理を主に担うNPUパフォーマンスも向上した。また、本体内部には 「Galaxy Z flip」 シリーズとしては初のベイパーチャンバーを搭載したことで、高いパフォーマンスを持続しやすくなった。RAM容量は12GB、ストレージ容量は256GBと512GBの2種類を用意する。

バッテリー容量は、3,700mAh → 4,000mAhに増加。これは 「Galaxy S24」 と同等のバッテリー容量で、「Galaxy Z Flip」 シリーズとしては史上最大の容量。従来よりも長い駆動を実現する。

搭載OSはAndroid 14で、7世代のOSアップデートをサポートする。生体認証は顔認証および指紋認証。防水・防塵性能はIPX8/IP4Xに準拠する。

折りたたみAIフォン 「Galaxy Z Flip6」 には高度なAI機能が盛りだくさん

Samsungは、今回の 「Galaxy Z Flip6」 を 「折りたたみAIフォン」 として定義しており、スマートフォンにAI機能をいち早く搭載してきたことを自負しながら、AIと 「Galaxy Z Flip6」 の折りたたみ形状、そして本体のコンパクトさによって、日々の生産性や効率を上げることができると説明している。

AI機能の 「ノートアシスト」 は、「Samsung Notes」 アプリで作成したメモにヘッダーや箇条書きなどを追加してメモを読みやすくしたり、メモの内容を要約・翻訳してくれる機能だが、同機能がさらに進化。

「Samsung Notes」 アプリ内で音声を録音できるようになり、文字起こしも利用可能。文字起こしは自動で話者を区別して表示してくれるほか、文字起こしの任意の箇所をタップすることで、タップした部分にあわせた音声も再生できる。

これはGalaxy Z Fold6でのデモだがZ Flip6でも利用できる

「Samsung Notes」 アプリではPDFを翻訳することもできる。たとえば韓国語でびっしりと書いてるPDFを日本語に翻訳しようとすると面倒だが、「Samsung Notes」 アプリでPDFを開いて翻訳機能をタップするだけで、瞬時に日本語に翻訳。画像内の文字、グラフに組み込まれた文字も翻訳してくれる。

実機を使ったデモでは、韓国語のメニューを見事日本語に翻訳。旅行先などで役立ちそうだ。

お互いが異なる言語でコミュニケーションをとるときに障壁を取り除いてくれる通訳機能も進化。「通訳」 アプリは、これまでは対面でのコミュニケーションに特化した機能として提供していたが、プレゼンテーションなど1方向からの音声でも使いやすくなった。「Galaxy Z Flip6」 の場合、本体を半分だけ折ってL字型にする 「フレックスモード」 状態にすれば、背面のフレックスウィンドウに翻訳内容を表示することもでき、通訳アプリを通じて相手とより会話しやすくなった。

通話中にリアルタイム通訳ができるAI機能は、純正の電話アプリ以外でも利用可能に。デモではLINEで通訳をする様子が紹介されていたが、LINEで通話をかけたときにクイックパネルを下げるとリアルタイム通訳ボタンが表示され、純正の電話アプリと同様にリアルタイム通訳が利用できていた。

Galaxy Z Fold6で体験。休みの口実も簡単に作れてしまう

Samsungキーボードで利用できる 「チャットアシスト」 機能。これまでは翻訳や文章のスタイルを変える機能が利用できたが、さらに文章を生成する機能が追加。最低限のキーワードを入力するだけで文章を生成してくれる。

デモでは、7月10日〜12日まで休暇で不在にする旨を伝えるメールの文章を生成する様子をチェックすることができた。生成したい文章は 「Eメール」 、口調は 「プロフェッショナル」 と選択し、「7月10日〜12日まで休みます」 と簡単にキーワードを入力するだけで、よくビジネスメールで見かけるような完璧なメールの文章が生成できた。

SNSの投稿を作りたいときにも便利。生成画面で 「ソーシャルメディア」 「カジュアル」 を選択して 「明日何食べる?」 など簡単なキーワードを入力するだけで、「明日何食べようかな?冷蔵庫の中身があんまり残っていないんだけど、買い物に行くのも面倒だし、新しいラーメン屋さんにお昼食べに行こうかな」 という旨をカジュアルな口調で表現した投稿が完成した。

「チャットアシスト」 機能は、Samsungキーボードが立ち上がっていればどのアプリでも利用できる。生成した文章の別パターンが欲しいときは、更新ボタンを押すことで別パターンの文章を表示できる。また、生成した文章の一部分だけを使いたい場合には、使いたい部分だけをコピーして好きなアプリにペーストして使うこともできる。

自分の思い描いたイラストをAIに生成してもらうことができる新機能 「AIスケッチ」 も提供。「Samsung Notes」 アプリで簡単なイラストのイメージを指で描き込むだけで、AIが本格的なイラストを生成してくれる。

使い方としては、「AIスケッチ」 機能をタップして描き込んだイラストを指で囲って選択し、「水彩画」 「3Dアニメ」 のようにジャンルやスタイルを指定して生成ボタンをタップするだけ。画像は4種類生成され、違うテイストのイラストにしたければ再生成をお願いすることも可能だ。

違うバリエーションの絵を生成

「AIスケッチ」 機能は写真にも使うことができる。写真に使いたいときは、ギャラリーアプリから編集したい写真を開き、任意の場所に簡単なイラストを描き込むだけで、AIが写真に合ったオブジェクトを生成して適用してくれる。デモでは、海の写真にヨットのイラストを描き込んだところ、クオリティの高いヨットを写真に追加することができた。

自分っぽいアバターを作ることができる。あまり似てはいなかったが髪型などはうまく再現できていた

写真の編集もAIにおまかせ。「フォトアシスト」 機能を使えば、写真内のオブジェクトのリサイズ、削除など、AIベースの様々なツールを使うことができる。また、コミックや水彩画などのイラストのタッチを指定するだけで、自分の自撮り写真からそっくりのアバターを作れる 「ポートレートスタジオ」 という機能も提供する。

キャンペーン情報

「Galaxy Z Flip6」 の発売を記念して、様々なキャンペーンが実施される。

まずは予約キャンペーンとして、「Galaxy Z Flip6」 を予約&購入してアプリから応募することで、最新ワイヤレスイヤホン 「Galaxy Buds3」 がもらえる。国内での予約受付は2024年7月17日から開始予定だ。

また、Samsungオンラインショップの 「Galaxy Unpacked」 特設ページにある 「最新情報をGET」 アイコンからタップしてアンケートに回答したユーザーには、Samsungオンラインショップで利用できる6,000円オフクーポンを入手できる。

さらに現在、Samsung公式の下取りサービスでは下取り価格アップキャンペーンが実施中。通常の下取り価格から最大15,000円アップになり、たとえば 「Galaxy Z Fold5 (1TB)」 なら通常120,000円 → 135,000円に。下取りキャンペーンは7月17日〜8月31日まで実施予定だ。

▼ 「Galaxy Z Flip6」 を各ストアで購入する
Samsungオンラインショップ
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Galaxyは、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。