当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

スマートリング 「EVERING」 公共交通機関で利用可能に。過去に利用を試みた人はブラックリスト入り&駅で解除が必要なケースも

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

EVERINGは7月2日、同社が手がけるスマートリングの 「EVERING」 が公共交通機関で利用可能になったと発表した。

Visaのタッチ決済に対応する全国の鉄道やバスなどの公共交通機関において、「EVERING」 をかざすことで乗車できる。

対応する公共交通機関は、三井住友カードビザ・ワールドワイド・ジャパンの公式サイトで確認が可能だ。

関東圏では、江ノ島電鉄・江ノ電バス、川崎鶴見臨港バス、京浜急行バス、国際興業バス、西武バス、横浜市交通局などが利用でき、関西圏ではWILLER TRAINS(京都丹後鉄道)、泉北高速鉄道、南海電鉄、南海りんかんバスなどで利用可能だ。

「EVERING」 は、リング (指輪) のように指に装着して使用するプリペイド型のスマートリング。リング内部にはNFCに対応したICチップが搭載されており、Visaのタッチ決済に対応した決済端末にかざすだけでスマートに支払いができる便利アイテム。通常のチャージのほか、オートチャージにも対応し、任意の金額設定でオートチャージが可能だ。

なお今回の発表にあわせて、2024年6月よりも前に 「EVERING」 を利用して公共交通機関への入場を試みたことがある方のなかで、鉄道事業者からEVERINGの利用を停止 (乗車拒否リスト=ディナイリスト=DLに登録) されている場合があり、もしこれに該当する場合は駅員のいる窓口などで乗車拒否リストからの解除が必要になるとのことだ。心当たりのある方はぜひご注意いただきたい。

(画像:EVERING)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。