当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Adobe Lightroomに 「ぼかし (レンズ)」 機能。AIを活用し、写真にぼかし効果を適用

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

米アドビは、現地時間10日よりクリエイティブの祭典 「Adobe MAX 2023」 を開催。「Adobe Lightroom」 に 「Adobe Firefly」 を活用した新機能 「ぼかし (レンズ)」 を実装すると発表した。

焦点範囲を設定することも可能

「ぼかし (レンズ)」 は、「Adobe Firefly」 の次世代の画像生成AIモデル 「Adobe Firefly Image 2 Model」 を活用した機能。高価なカメラレンズを使わなくとも、写真のあらゆる部分に美しいぼかし効果を適用できるというものになる。

さらに、Adobe Lightroomエコシステム全体に及ぶアップデートとして、より明るいハイライト、より深いシャドウ、実物のような鮮やかなカラーで写真を編集・書き出しできる 「HDRに最適化」 、フォトグラファーがより正確かつ高精度なカラー調整を行える 「ポイントカラー」 などが導入される。

また、アドビが取り組むデジタルコンテンツの透明性をさらに促進するべく、コンテンツクレデンシャル機能がより多くのファイル形式に対応するなどのアップデートも。

モバイル版 「Adobe Lightroom」 には、モバイルデバイスに最適化された全く新しい編集エクスペリエンスが導入される。ツールバーが合理化され、人気のある機能が優先表示されるため、スマートフォン上での写真編集がより直感的でスムーズに行えるようになる。

(画像提供:アドビ)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Adobe、Adobe Acrobat Reader、Adobe Flash Player、Adobe Illustrator、Adobe Photoshop、Adobe Reader X、Adobe Reader XI、Adobe Signは、Adobe Inc. (アドビ社) の米国およびその他の国・地域における商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。