当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

VAIOが超軽量モバイルディスプレイ 「VAIO Vision+ 14」 発売へ。狭いカフェでも簡単に2画面環境を構築できる

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

VAIO株式会社は、超軽量モバイルディスプレイ 「VAIO Vision+ 14」 を7月4日に発売する。

個人向けには 「VAIO Vision+ 14」 、法人向けには 「VAIO Vision+ 14P」 と2つのモデルを用意。発売に先駆けて、本日7月1日(月)午前10時から受注受付を開始する。

「VAIO Vision+ 14」 はめっちゃ軽い。これがあればいつでもどこでも2画面環境を構築できる

「VAIO Vision+ 14」 は、外出先に気軽に持ち運べる薄軽・頑丈の携帯型ディスプレイ。「VAIO F14」 とほぼ同等の14.0サイズのディスプレイでありながらも、 350ml缶飲料よりも軽い325gになっていて、ラップトップPCと一緒に手軽に持ち運べるのが特徴。VAIOによると、この325gという重量感は14.0型ワイドのモバイルディスプレイとしては世界最軽量※であるとのことだ。

※14.0型ワイド以上のモバイルディスプレイにおいて。2024年6月14日時点 ステラアソシエ調べ。

画面は14.0型ワイド液晶、解像度は1,920 x 1,200 (WUXGA)で、縦横比は16:10。画面輝度は400cd/m2、コントラスト比は1200:1。表面はアンチグレア仕様で、視野角は上下・左右とも178°。

筐体には、熱可塑性立体成形カーボン (CFRTP) を採用。カーボンを側面まで覆いながら、さらにボスやリブを一体化。そして背面のスタンドもアルミニウム素材を使用したことで、軽量ながらもVAIOのPC製品と同等の堅牢性を実現している。

電源供給は本体内蔵のUSB Type-Cポートから行う仕組みで、USB Type-Cケーブル1本でPCから電源・映像の出力が可能。また、ACアダプター → Vision+ 14+ → PCと繋ぐことでACアダプターからPCへパススルーで充電することが可能だ。

映像出力の規格はDisplayPort Alternate Modeなので、同規格に対応する製品であればほとんどが映像を出力することができる。

発表に先駆けて行われたメディア向けの内覧会では、VAIOのPC製品と繋いで試すことができたほか、筆者の所有するMacBookとつないで見ることができた。詳しくは後日公開する予定のレビューでお伝えするが、ラップトップデバイスと非常に相性が良い製品と言える。

スタンドにもなる保護カバー

カバーは開くとこんな感じ

本製品には持ち運び時の保護カバーが付属し、起毛した裏地で液晶をしっかりと保護できる。

また、この保護カバーを組み立てるとスタンドとして使用できるようになっていて、これに 「VAIO Vision+ 14」 を設置し、ラップトップPCの後ろに置くことで2画面環境を構築できる。テーブルが狭い都会のカフェなどで役に立つはずだ。

プライバシーフィルター装着時の様子

本製品は、覗き見防止用のプライバシーフィルターを別途購入し装着することが可能。一定の角度を超えると画面が見えにくくなることから、外出先でも周りを気にすることなく作業できる。プライバシーフィルターは、従来の差し込み用シールあるいは貼り付け用両面テープの2通りで利用できる。

VAIOは、本製品の製造を他のVAIO製品と同様に安曇野本社で行い、出荷前にひとつひとつチェックを行う 「安曇野FINISH」 体制のもと確かな品質で提供するとしている。

「VAIO Vision+ 14」 および 「VAIO Vision+ 14P」 の価格は、前者が54,800円(税込)、PCとのセット購入で53,000円(税込)。後者はオープン。

プライバシーフィルターの価格は、単体で購入する場合11,000円(税込)、PCとセットで購入する場合は9,000円(税込)。

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。