当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ソフトバンクとワイモバイル、店頭事務手数料を3,300円→3,850円に値上げ。ウェブは引き続き無料

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

4月26日、ソフトバンクは 「ソフトバンク」 「ワイモバイル」 両ブランドの店頭事務手数料を値上げすると発表した。

値上げされるのは、新規契約/機種変更/SIM再発行/回線譲渡/電話番号変更。いずれも店頭で行う場合にかかる事務手数料が3,300円→3,850円に値上げされるが、新規契約 (ブランド間のりかえ) の際には各種キャンペーンが適用されることで無料となる。なお、ウェブでの手続きの場合はいずれも引き続き無料を維持する。

値上げは2023年6月1日より実施される。ソフトバンクは今回の値上げについて 「提供するサービスの多様化や説明事項の増加、昨今の電気料金の高騰など、店頭での運用や手続きにかかる各種費用を考慮した結果」 と説明している。

“ソフトバンク”と“ワイモバイル”の事務手数料を改定 | ソフトバンク

(画像:ソフトバンク)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

SoftBankおよびソフトバンクの名称、ロゴは、日本国およびその他の国におけるソフトバンクグループ株式会社の登録商標または商標です。

Y!mobileワイモバイルの名称、ロゴは、ソフトバンク株式会社の商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。