当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

楽天モバイル、契約数500万回線を突破。提供開始から約3年4ヶ月、今年1月からは法人プランも展開

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月28日、楽天モバイルは同社キャリアサービスの契約数が500万回線を突破したと発表した。サービス開始から約3年4ヶ月での到達となる。

楽天モバイル、携帯キャリアサービス契約数が500万回線を突破

楽天モバイルは、2019年10月から携帯キャリアサービスを開始。その後、2021年4月には携帯キャリアサービス (MNO)の契約数が390万回線を突破したと明かし、さらに2021年8月には携帯キャリアサービス (MNO) とMVNOサービスの合計契約数が500万回線を突破したと発表していた。

サービス開始当初は、1年間無料で利用できるキャンペーンを打ち出したほか、月当たりの通信量が1GB以下であれば月額料金ゼロ円で利用できる 「Rakuten UN-LIMIT VI」 で急速に契約数を伸ばした。しかし、2022年5月に発表した 「Rakuten UN-LIMIT VII」 で最安ゼロ円の料金体系を廃止したことでユーザー離れが起きていた。

そこで今年5月に打ち出した 「Rakuten 最強プラン」 。「Rakuten UN-LIMIT VII」 の良いところをそのままに、KDDIとの新たなローミング協定を締結。東京都23区など都市部の一部繁華街のエリアをローミング対象に戻したほか、月5GBまで制限されていたパートナー回線通信を撤廃。通信品質の向上に向けた取り組みを行っていた。これがユーザー数増加につながったのではないだろうか。

また、今年1月には法人向け携帯キャリアサービス 「楽天モバイル法人プラン」 の提供を開始している。

関連記事
楽天モバイル、新プラン 「Rakuten 最強プラン」 発表。料金据え置きで6月1日より提供、パートナー回線のローミング制限廃止
楽天モバイル、法人プランを本格提供開始。3GB/月額2,178円から

(画像提供:楽天モバイル)

▼ iPhone 15/15 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。