当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

KDDI、ローソンに株式公開買い付け。三菱商事と株式50%ずつ保有し共同経営へ

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

2024年2月6日、三菱商事、KDDI、およびローソンは、資本業務提携契約を締結した。同時に、KDDIはTOB(株式公開買い付け)を通じてローソンの株式の50%を取得する計画を発表した。

現在、ローソンの株式の50%はすでに三菱商事が所有しており、残りの50%をKDDIが取得することを目指す。これにより、KDDIと三菱商事は協力してローソンを共同経営していく予定だ。

本取引の前後におけるローソンの株主構成

ローソンが今後展開する事業について、三菱商事とローソンは 「リアル×デジタル×グリーン」 を融合させた新たな生活者価値を創出する 「マチの”ほっと”ステーション」 の実現を目指すとしている。

「リアル領域における取り組み」 として、ローソンとKDDIのもつリアル店舗、合計約16,800拠点で巨大ネットワークを構築し、さらなる店舗網拡大や機能強化を行う。約14,600店舗のローソン、そして約2,200店舗のau Style/auショップでネットワークを構築し、各店舗でそれぞれの商品やサービスを展開する。また、ローソンにおいてリモート接客の導入なども検討しているという。

さらに、「デジタル領域における取り組み」 として、KDDIとローソンが持つ顧客基盤を活用し、ローソンの顧客満足度とロイヤリティの向上を目指す。ローソンにおける買い物などにおいて、KDDIおよびローソンの利用者向けサービスを提供したり、ローソン店舗への送客を拡大するなどを検討している。

「グリーン領域における取り組み」 としては、サステナブルな社会の実現を目指し、3社の事業基盤を活用するとしている。ローソンへの太陽光パネルの設置し、CO2排出量の削減に貢献したり、ローソンで生じる廃食油を原料としたバイオディーゼルの製造など、サーキュラーエコノミー事業の推進を行うとしている。

三菱商事・KDDI・ローソン、資本業務提携契約を締結 | 2024年 | KDDI株式会社

(画像:KDDI)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

KDDIの商品および各サービスの名称等は、KDDIの商標または登録商標です。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。