当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Beatsの人気スピーカー 「Beats Pill」 が復活。音質向上、10%軽量化など進化して帰ってきた

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Apple傘下のオーディオブランド 「Beats by Dr. Dre」 は、新型ポータブルスピーカー製品 「Beats Pill」 を8月8日(木)に発売すると発表した。価格は24,800円(税込)。

ポータブルスピーカー 「Beats Pill」 8月8日に発売

「Beats Pill」 は、Beatsが2022年で販売を終了していた 「Beats Pill+ ポータブルスピーカー」 の実質的後継機で、先代モデルよりも高い音質を実現するなど、さらなる進化を遂げて復活を遂げる。

本製品は屋内でも屋外でも利用できるようにIP67準拠の高い防塵・防水性能を持ったBluetoothスピーカーだ。先代モデルから10%の軽量化を実現したほか、スピーカー背面に滑りにくいシリコン素材を使用した。また、スピーカーのチルト角度を上方20度にキープしたことで、反射音を抑えクリアな音が耳に届きやすくなっている。

オーディオ面も進化を遂げている。一から再設計されたレーストラックウーファーと強化されたネオジム磁石により、駆動力が28%向上し、動かせる空気量も90%増加。反射状のリブを備えた構造により、大音量でも低音域の歪みを最小限に抑えている。また、ツイーターは専用のハウジングに納めたことで、安定性が向上し、よりクリアな高音と豊かな中音を実現したとする。

また、「Beats Pill」 はモノラル再生にのみ対応するものの、「Beats Pill」 ではサラウンド再生を楽しみたいときのためのモードとして、「増幅モード」 「ステレオモード」 が用意されており、2台の 「Beats Pill」 を繋ぐことでよりダイナミックなオーディオ体験が可能だ。

「増幅モード」 は2台のスピーカーからモノラルで音声を再生するというもの。「ステレオモード」 は名前のとおり2台のスピーカーからL・Rの音声を再生するモードになる。

本製品は、音楽やポッドキャストのオーディオコンテンツの再生のほか、通話用のスピーカーフォンとして使用することもできる。Beatsの独自のアルゴリズムを使用して、ノイズを除去することで、通話相手にクリアな音声を届けることが可能だ。

本製品は、iOS/Androidをサポートし、ワナタッチですぐにペアリングすることができる。また、自動でのペアリングにも対応するほか、「探す」あるいは「デバイスを探す」機能も利用できる。音声のコントロールはスピーカー上面に搭載されている物理式のボタンで直感的に操作できる。

フル充電時には最大24時間の連続再生が可能。バッテリー残量が少なくなっても、Fast Fuel機能により10分の充電で最大2時間の音楽再生ができる。

また、付属のUSB-Cケーブルを使えばスマートフォンなどの機器を充電できるほか、ラップトップやその他のデバイスからロスレスオーディオを楽しむこともできる。

カラーはマットブラック、ステートメントレッド、シャンパンゴールドの全3色で、価格は24,800円(税込)。8月6日(火)より Apple公式サイトおよび正規販売店での予約受付を開始し、8月8日(木)に出荷開始およびApple Store直営店や正規販売店での販売開始を予定している。

(画像:Beats)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Beats、Beats by Dr. Dreおよび 「b」 のロゴは、Appleの子会社であるBeatsの商標、サービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。