当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Apple、2023年 「世界エイズデー」 のキャンペーン展開。Apple製品をApple Pay購入で1ドルが寄付

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

12月1日の 「世界エイズデー」 にあわせて、AppleはAIDSとたたかうグローバルファンドを支援できる(PRODUCT)RED製品の特集ページを公開した。

特集ページでは、iPhone 14やiPhone 13、Apple Watch Series 9などの(PRODUCT)RED製品が紹介されているほか、これまでにAppleが寄付した資金によってどのようなAIDS対策が行われたのかが紹介されている。

アフリカのエイズ対策プログラムを支援する(RED)が2006年に発足してから、Appleは同組織とのパートナーシップを続けており、世界エイズ・結核・マラリア対策基金を支援するための製品として (PRODUCT)REDモデルを年間を通して販売。これらの製品の売上の一部は前述の基金に寄付されている。
 
Appleがこれまで(RED)を通じて支援した額は約2億5000万ドル以上で、1,100万人以上に医療ケアやサポートサービスを提供してきた。サハラ以南のアフリカには1億9,700万個以上のHIV検査キットを配布してきたとのこと。

12月1日からは、人気のゲーム『ガーデンスケイプ』と『MONOPOLY GO!』でのアプリ内課金の売り上げの全額がAIDSとたたかうグローバルファンドに寄付されるキャンペーンも開催される。期間は12月4日まで。

また、Apple StoreもしくはApple公式サイトにおいて、ユーザーがApple PayでApple製品を購入するごとに、1ドルが世界エイズ・結核・マラリア対策基金に寄付されるキャンペーンが2年ぶりに復活。12月8日までの期間で決済されたものが対象で、寄付額は最大100万ドル。

関連記事
iPhone 15 Pro レビュー|遂に実現したUSB-C化、これだけで使い方が一変。新iPhoneの実力に迫る
Apple Watch Ultra 2 レビュー|最大54時間駆動バッテリーとSiriのオンデバイス処理対応で水中と陸上どこでも活躍

(画像:Apple)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。