当メディアはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

Apple、「WWDC23」 6月5日~6月9日に開催決定。iOS 17など次期OSが発表へ

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

現地時間3月29日、Appleは年に一度の開発者会議 「WWDC23」 を現地時間2023年6月5日〜6月9日に開催すると発表した。

「WWDC23」 6月5日〜6月9日に開催

WWDC23では、基調講演と各セッション、State of the Unionのプレゼンテーションが実施される。最大の注目となる基調講演は現地時間6月5日午前10時から、日本時間では6月6日午前2時より開催される。

また、今年は基本オンラインでの開催となるが、現地での参加も可能だ。参加できるメンバーは、Apple Developer Programに参加するユーザー、過去のApple Entrepreneur Campの参加者、Swift Student Challengeの受賞者 (2020年から2022年) 、現在のApple Developer Enterprise Programメンバーとなっていて、出席へのリクエストはこちらから可能。スペースが限られていると案内されていることから、参加できる人数は少ないものと予想される。なお、マスクの装着は任意。

発表される内容の詳細についてはまだ明かされていないが、例年通りであれば、iOS/iPadOS/macOS/watchOS/tvOSに関する最新情報が発表されるものとみられる。

また、新製品に関する発表も期待されており、初のXRヘッドセットが発表されるなどの噂もあるが、現時点でWWDCで新製品が発表されるかどうかについては情報が少ない。こちらは今後の情報に期待だ。

ちなみにAppleは昨年と同じく、Swift Student Challengeを開催することを発表した。このイベントは若い開発者がSwift Playground作品を通じてコーディングスキルを披露できるというもので、作品の応募は2023年4月19日(水)23時59分(PDT)までとなっている。

入賞者には、WWDC23の限定アウターウェアとAirPods Pro、ピンバッジのセット、および1年分のApple Developer Programのメンバーシップがプレゼントされるとのことだ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

(画像:Apple)

▼ iPhone 15/15 Proの購入は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。